ロゴ

termites

シロアリ再発防止に向けて行ないたい対策

シロアリ

予防対策の必要性

シロアリは一度駆除を行なっても、再び発生する可能性があります。そのため、駆除が完了したからといって安心してはいけないのです。シロアリの再発を防止するためには、定期的に家の中を調査することです。柱や壁がかじられていないか、床がぷかぷかしていないかなどをこまめにチェックしておくようにしましょう。

シロアリのサインを見逃さない

シロアリが住宅の中に潜んでいたら、何かしら痕跡が残されています。それを見逃さないようにすることが、シロアリの再発を防ぐためのコツです。建物にひび割れしている部分がある、木材が腐っている部分がある、家の周辺に樹木がある、部屋の中に木くずが落ちているなどの症状を発見したら、シロアリがいる可能性が高いといえます。

再発を防止するための対策

シロアリの発生を防ぐためには、侵入経路を塞ぐことが大事です。シロアリの侵入経路は、主に玄関やベランダ、床下などといった部分です。そこにひび割れや穴が開いていると、シロアリが侵入してしまう可能性が高くなりますので、しっかり補修しておきましょう。また、定期的に業者に調査してもらうのも再発防止に効果的です。

シロアリ対策に関するQ&A

駆除の効果はどのくらい持ちますか?

シロアリ駆除の効果は、施工してから5年間持続するようになっています。従来の薬剤は、毒性が強かったので10年持つ場合もありましたが、最近では人やペットへの影響も考えて毒性が弱くなっているので、5年と短くなっています。5年経つと薬剤の効果が切れてシロアリが再発する可能性が高くなりますので、気を付けましょう。

駆除や予防をするのに適切な時期とかあるんですか?

シロアリの駆除・予防をするのに、適切な時期というのは特にありません。いつ行なっても駆除の効果は同じなので、薬剤の効果が切れたときに作業するといいでしょう。家の近辺や中で羽アリを発見した場合は、被害が進行している可能性が高いので、早めに駆除を行なうのがおすすめです。

業者に点検を依頼するにはお金がかかりますか?

施工を行なった後の点検は、保証期間内であれば無料でできる場合が多いです。シロアリ駆除の保証期間はだいたい3~5年となっていますので、再発を予防する意味でも定期的に点検を行なってもらうといいでしょう。業者に依頼すると、自分では確認できない場所もしっかりチェックしてくれます。

自分でできる対策法って何かありますか?

自分でできる対策法としては、市販で販売されているシロアリ専用の防止剤を、玄関やベランダなどシロアリが発生しやすい箇所に散布しておくといいでしょう。また、水回りは常に綺麗にしておくことが大切です。シロアリは湿った環境を好むので、換気を良くしたり、水気をきちんと拭き取ったりなどの対策を行なっておきましょう。

防止剤を散布する上での注意点などはありますか?

防止剤を散布した後は、部屋の換気を良くすることが大事です。部屋を閉め切ったままだと身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、ある程度時間が経ったら窓を開けてきちんと換気を行ないましょう。また、子供やペット、食品などを置いた部屋で散布するのはあまり良くないので、気を付けることです。

広告募集中